風屋ダム 釣行記(6/19,20)
午前中、用事があり昼過ぎからいい雨が降っている風屋に出かけてみた。
3時にBWに到着、今日はちょっとナイターしてみようと足場のいい砂利取り場?に
水は濁っており、辺りを物色して流れの緩やかな小さい窪みに入ってみた。
竿8尺で床を取ると予想以上に浅く、
ヨリモドシから直ぐ浮子をつけて肩までしか馴染まない
しかし水位の変化を測るため水際に立てた棒が直ぐ浸かっていたので
増水でちょうど良くなるか、と馴染まないままで餌打ち(^^;;



浅すぎてアタリが出ないが時折浮子が揺れ魚が通っているのがわかる。
一時間ほどでトップ半分が馴染むように...
床までは馴染みで35cmない位か
この時、ブスッという力強いアタリで41cmのヘラが釣れてきた
よく食った、と感心。
 型イマイチですがうまく釣れました

しかし、その後深くなるとウグイが強くなりヘラの気配は無くなった。
夕方時合も無く、ヘラの周りが悪そうだが
折角来たので軽くナイターしてみることに...

いつもはウグイが強くなるのだが、この日は濁りの所為か静かに...
7時半ごろドスンというアタリに合わせると大ゴイ(><)
針を結び直した一投目、同じくドスンで本日2枚目の42cmが上がってきた。
この後、サッカーの日本&オランダ戦が気になり早々に片付ける(^^;

次の日は5時過ぎに起きて丸瀬に降りてみる。
増水しているわりに気配がなくモジリが沖目、ちょっと厳しいそう...
14尺草面の一本宙を打ってみるがウグイの猛攻でギブアップ。
11時から水が上がることを見越して作っておいた釣場に場所替え

 朝一で枝を払って作ったP

竿9尺の斜め打ち、立ち4、50cm位のなだらかな床
すると数投で40cm程度のマブナ、ウグイよりは随分まし(^^)
その後、時折ウグイ混じりで尺無い位の子ベラ君が数枚
時折近くでヘラらしきセリがある。

12時、セリの気配で浮子が忙しく動いた後の
食い上げでキレイなヘラが乗ってきた。
 41cmまずまずの型

昼からはウグイアタリは静かになったが釣れるのはチャンベラばかり
5時に終了して楽しみの温泉(夢の湯)に...

今回ヘラが釣れたのは短い浮子がやっと立つ超浅場の床
それ以上深くなるとウグイの猛攻という御母衣ダムのようなパターン
風屋の釣りも変わってきたのかも...???