九頭竜ダム 釣行記 (2010 6/26,27)

6月26日(土)

掲示板のクロちゃん夫婦の尺半に触発され久しぶりに九頭竜に...
土曜の朝、伊勢川上流に着きポイントを見て回るがヘラの気配は...殆どなし。
厳しいか、と思ったが、取りあえずヘラ玉があった下流の台地で竿を出してみる。
19尺の1本半宙、この頃から雨脚が強くなる。

昼まで打って小さいウグイと二ゴイのみ、
時折ヘラも見えるが浮子の近くを通り過ぎるだけ。
昼過ぎから徐々に水位が上がり、ヘラ玉が上流に動き出したので上手のワンドに場所替え
 2回目の場所移動のP

14尺、台地の下がり際を1本ちょっとの床。
しかし、魚の気配が少ない、というか殆ど見えない。
透明度の高い九頭竜はたくさん見えてもめったに釣れないダム
まして見えないのに釣れるわけがない...
3、40分釣ってはヘラ玉とポイントを見て回る繰り返し。

4時半過ぎ、ミオ筋に近い台地でヘラが周りはじめた。
土砂降りの中、本日3回目の場所移動(^^; 釣り道具もびしょ濡れです。
柳の際を竿9尺、50cmくらいの床で打ってみる。
 柳の際打ち、雨で少し濁り

初めはエサを打つと逃げてばかりいたが、5時半過ぎから時折逃げなくなる。
6時過ぎにはエサの周りのヘラ密度が高くなり、釣れそうな予感。
しかし真っ黒になっても一向にアタリが出ない。
エサに反応しているヘラもいるのだが、粒子だけパクパク吸っている。
これは暗くなる寸前のマズメ勝負か...

6時50分過ぎ、フワフワした浮子がドスン!
待望のヘラ 41.5cm
急いで写真を撮ってエサ打ち、浮子が見えなくなるまであまり時間がない。
数投目、馴染み際にドスン!
一瞬、竿が止まって動きだしたので少しデカそう。
引きは強烈で取り込むのに一苦労
 暗くなる寸前で釣れました

計測すると44.8cm 尺半ないかー(><)
この後、数投でタイムアップでナイターせずに終了。

6月27日(日)
5時半過ぎに再び伊勢川上流に
水位は昨日よりも7、80cm位増えているか...
しかしワンドの中にはヘラが少なく、ポイント選びにウロウロ
散々迷った挙句、上流寄りの柳と柳の間の台地に...
 本流筋に近く、台地の肩をヘラがウロウ ロ

上には木の枝があり9尺を振るのが精一杯、50cmの床でエサ打ち開始
しかしエサは台地の手前に落ちて見え見え
アタリがあってもマブばかり、ヘラも一緒にウロウロしているのだが...

10時まで打ってもダメ、とここでワンド内の釣人の様子を見にいく。
水没した草中を釣っていた神戸から来ている常連さん
(まっちゃんの九頭竜の師匠)に一枚ヘラが来たとのこと、流石。
”ポイント次第で釣れる” これを聞いて急にやる気が...

バカ長をはいて釣台2段で立ち込み、高切りバサミで上に張り出した枝を払い
竿11尺が何とか振れるように...
これでヘラが良く通る台地の肩に、エサが落ちるようになった。
エサ打ちを始めるとマブナがきれいにアタる(^^;
9尺で手前を打っていた時よりもずっといい雰囲気。

昼前、水位が上がってきたので床を切って宙にしてみる
するとブスッと小さく押さえ込んだアタリで39.5cmのヘラ、ヨッシャー!
一枚来ると来ないでは雲泥の差
続いて同じようなアタリでそこそこのヘラが上がってきた。
 肉厚もあり九頭竜らしいヘラ
計測すると43.5cm 九頭竜らしいイカつめのヘラ

地合いはこの一時で再びマブナ。
3時過ぎ、この頃からヘラが浮子の周りをまわり始めた。
その中に一匹、48以上はありそうなデカイ奴がいた。
30分位浮子の周りを回っていたのだが、ふと姿が見えなくなった。

しばらくすると、馴染み際の小さい押さえ込みに合わすと
正にそいつが下からゆっくりと浮き上がってきた。
”デカッ!”
やっぱりデカい。
浮かび上がってゆっくり手前に近づいて来たが
”ガバッ!!”
爆水音とともに反転した時、針がフッっと外れた クッー!(><)
手前でしばらく浮いていたがゆっくりと沖目に泳ぎ去った。
去年の堀河と同じパターン
どちらも小さいアタリなので掛かりが浅かったのだろう...
この後、直ぐ41cmを追加して4時過ぎに納竿。

今回は一時の地合いで2枚ずつ(一枚ばらし)釣れたパターン、
結構きびしい釣りですが、型見られただけでも良しとしよう。

福井ICに向かう途中にある平成の湯に立ち寄ってから帰路についた。
いい湯でした(^^)