広野ダム 釣行記(7/4)
GW以降、あまりいい話を聞かない広野ダムに突撃してみた。
朝6時
、ダムサイトからBW周辺を見てまわるがあまり魚気がない。
取りあえず赤谷下流の柳の間に入ってみる。
水際に立てた30cmくらいの棒が準備している間に浸かってくる(@@
竿9尺で柳の間を狙う。
 午前中のP 薄茶色の濁り

水がどんどん上がって、時折水際で魚がバシャと水音を立てる。
床まで一本ちょっとのタナを少し切ってガンガンエサ打ち。
はじめは小魚が突いていたがその内浮子が静かに...
ブスッ!といいアタリで乗ったのは大ゴイ、あっさりハリス切れ(><)

途中から水の上がりに対応するため釣台2段積み、
タナ一本固定の宙で餌打ちを続けると1時間ほどでチャンベラ。
さらに落ち込みでいいアタリが続き、期待したが
乗ってきたのは40cm級のマブナ(^^;;
時折、浮子の近くをデカべラが横切るが止まる素振りがない。
昼過ぎに後ろに下がるのが厳しくなり、ついにパンクして撤退。

昼ご飯を食べて赤谷、BW、ダムサイトと見て、
水色が最も良かったBW左岸の台地に入ってみることに。
水の上がりが緩やかになる夕方勝負とみてゆっくりと準備。
引っ付きのはえている台地に陣取り、
水が上がった時に釣れるように鎌で枝を刈っておく。
 刈り込んだPの左手でエサ打ち

刈り込んだPはまだ浅かったので、深くなるまで
すぐ横の少し枝のスペースが空いている場所で打ってみる。
竿9尺、60cm程度のタナで床チョイ切り
魚が通ると左右の枝が震えてよくわかる。

エサ打ちをしばらく続けると泡がボコボコと...
嫌な予感は的中、ブスッのアタリで再び大ゴイ。
もう一本の針も引っ付きの枝に絡まり2本ハリス切れ(><)。

これを機に一本針に変更、その分ピッチを上げてエサ打ち。
4時半を過ぎると刈り込んだ浅場にもヘラの姿が見えるように...
5時前、馴染み際にブスッ!といいアタリ
合わすと一気に沖目に突っ走ったが何とか止まる。
黒っぽくて太いのでまたコイか?と思ったが良くみるとヘラ!
2010広野2枚目の尺半 広野らしい良型(^^)

途中魚が枝に絡まったが 一本針にしたおかげでうまくほどけ
右の刈り込んだスペースに入ってくれ、最後はすんなりタモに納まった。
肉厚がありなかなかの重量、計測すると45.5cm!

横で和尚さんの友達が釣っておられたので記念写真をお願いした(^^;
 まっちゃん間抜け顔

その後、横で釣ってた友達さんも1枚40上を上げられ、お互い1枚ずつで納竿した。
それにしてもこんなに水の上がる広野は初めて、
絶不調の中、よく1枚釣れてくれました。
ホーム
バック