広野ダム 釣行記 (2011/4 /9,10)

土曜の朝、新潟を出発し、広野に着いたのは昼過ぎ、
朝降っていた雨は、福井に着いた頃には止ん でい た。
水位はこの雨で一気に1m以上上昇したので
乗っ込んでくる魚を狙い2時半過ぎから赤谷、杉の木前に...

竿8尺、針ダメジナ9号、ハリス1.2号
タチは一本強から徐々に上がってくる理想的な状況。
しかし、時折ウグイがサワるだけでノーアタリで撃沈 (ーー;
雪代による急激な水温低下で魚が下がってしまった様。
体調も悪かったので早々に切り上げ、蕎麦& 温泉で早めの就寝。

 赤谷P、竿8尺 雪代でささ濁り

翌朝は6時に起きてサイトから上流までじっくり見てまわる。
もじりが比較的近く、水温が安定しているダムサイトに入ることに...
実は昨日も入りたかったのだが、ゴミが凄くて躊躇してしまった。

”この釣りは横着してはダメだ”と深く反省、
時間をかけて釣り場を作りはじめた
が、沈みオダが
ひどく予想以上に時間ががかる。

完全には取りきれず、魚が走り回ればまず取り込めない...
しかしエサを食わせることで半分勝ったようなもの?なので
これでも良し!と9時前からエサ打ち開始、
竿8尺、 タチ一本強。

 日曜の釣り場 8尺がギリギリ

しかし、昨日とは逆に水位が少しずつ下がり始めた。
過去、ダムサイトに入って下がった時に、釣れた試しがない
気配も無かったので少しエサ打ちしては釣り場作りに精を出す。

昼過ぎ、タナ一本になりエサがうっすらと見えて来た。

3時過ぎ、初めてヘラが通ってきたが、ゴミ除けに来ると慌 てて引 き返す。
こりゃ〜日没勝負しかないかぁ...(ーー;

16時28分、太陽が山陰に隠れ、辺りが薄暗くなった。
するとその直後、浮子がゆっくりと回った。
ヘラがエサの周りを回った水流で起きる動き、

次の1投、馴染みでサワった浮子がチクッと小さく押さえる、
一瞬ためらったが、さらにもう一節押さえたアタリを取ってみた。
重い感触の後、ゆっくりとヘラが顔を出す、オオッ!
ユタユタとしながらほとんど暴れずにタモに滑り込んだ。

今年の初ベラ 今年の初ベラくん、よく掛かってくれま した

掬ってみると結構重く、腹パン気味の良型!
尺半あるかないか?、計測してみると460 ラッキー!(^^)v

結局、この後少し気配はあったのだがアタリを出すことができなかった。
魚は上層を通っているようだったので思い切って底を切っても良かったかも...
毎年、床か宙で迷っている(^^;;
この時期の釣り、やっぱり難しいです。

 まっちゃん どや顔? サングラス TALEX EG