広野ダム〜秋神ダム釣 行記(5/5〜8)
散々な前半戦

GWは関西 に帰り、山田や堀河 で竿出すことを楽しみにしていたが
あいにく体調を崩してしまい、後半まで自宅待機(^^;;
何とか体調がマシになったので
後半4日間はダムを巡りながら新潟に戻ることに...

当初予定では広野→九頭竜→秋神→木崎湖の予定だったが
ネット情報では木崎湖はまだ釣れてなさそうなのでパス

5/5

高速の渋滞を避け、朝から下道で広野へと出発、
昼過ぎに広野に着き、バックウォータ対岸で釣ってみたがノーアタリで玉砕
タナ1本弱で水が上がってくる状態、食っても不思議でないのだが...

バックウォータ対岸台地の浅場

岐阜の釣人が何人かいたので状況を聞いてみると九頭竜はまだ水位が足りず、
秋神は50上が出ているが岐阜のダム師が何人も張り付いているとのこと
そこで広野でもう少し釣ってみることに...

5/6
水位が上がっていたので次の朝も同じ場所で釣ってみたのだがマブ3枚のみ
ヘラはセっており何度か浮子近くを通っているのだが食い気がない。
昼前にこの場所はあきらめ、赤谷上流を覗いてみるとヘラが浅瀬に上っている。
去年と同じように短竿で川釣りしてみることに(^^;;

 赤谷最上流 竿8尺、宙の流し釣り

浅場を3、40cmぐらいの宙で手前から流し釣り
澄んだ中、ヘラが行ったり来たりするのがよく見え、釣れなくても楽しい(^^)
時折、エサを落とすと興味を示す魚もいるので期待が持てる。

20分程エサ打ちした頃、いきなりプスッと浮子が消し込んだ。
軽く合わすとちゃんと食ってる。計測すると43.5cmの腹パン

 2011広野2枚目のヘラ
尺半釣って以降、広野べラの顔を見てなかったのでホッとする。
透明度が高い為、一枚釣れたら終了と思ったが、依然魚はウロついている。

しばらくエサ打ちしていると
エサと同じ目線にスッと沈んだ魚が見えたので
"こいつは食うかも"と目線を浮子に戻すとブスッ!
乗った魚は尺半に少し足らず445cm
 この日2枚目に釣れたヘラ
この後、急に水が引き出し、群れが下がってしまいこの釣りは終了。
少し深場で釣ってみたが食い気なしで撃沈(ーー。
雨が降ってないため、流れ込み以外では水が良くないのかも?

5/7
この日は朝からダムサイトで釣ってみたがハタキが激しすぎ11時に終了。
昼間に赤谷上流で昨日と同じ釣りをしたが
一枚尺半級を掛けたが手前のオダに引っかかり、痛恨のハリス切れ(><)
広野は昼過ぎに諦め、ダメもとで九頭竜に向かってみることに...

ダムサイトに着いたのは3時半ごろ、これから夕マズメを狙おうと
ポイントを物色したが、水位が低すぎヘラの気配は全くなし。
バックウォータ対岸で、岐阜のダム師さんが一人で居られたので話を伺ってみた。

綜合すると昨日は良かったのだが、今日はさっぱりとのこと。
気配があれば一緒にナイターしましょうか?と
二人でずっと澄んだ湖面を5時半まで見ていたがウグイのモジリしかない。

あまり気乗りしないが、岐阜のダム連中が張り付いている秋神に行ってみることに。
多分いいPには入れないが、どんな状況か見ておくのもいい経験かと...

怒涛の後半戦へ