九頭竜&御母衣ダム釣行記(5/14,15)

今週は先週釣れなかった九頭竜で釣ってみたいと思い、金曜夜から車を走らせた。
ひるがのSAで就寝、朝6時前に起きて九頭竜バックウォータに。
先週のダム師が再び居たので、挨拶をして50上釣れたことを報告した。
透き通った水辺に魚はチラホラ見えたが、そんなに大きくなく
ちょっと厳しそうに思えたので早々に引き上げ林谷に行ってみた。

林谷に着くとヘラ師が一人いて状況を聞いてみたがさっぱりだとか。
しばらく見ていると魚の数も多く、バックウォータに比べると大きかったので
この釣人の上手に入らせてもらった。

竿11尺、一本弱で床切りの宙
しばらくエサ打ちしたがアタリが出ない、これだけの数が泳いでいれば
一匹くらい口を使っても良さそうだが...
結局午前中は尺半クラスを一枚スレで上げたのみ(ーー;;
先に入っていた方も”こりゃ釣れんわ”と言って諦めて帰っていった。

 2回目に入ったP
気分転換に更に上手を覗くといい柳があったので早速場所移動。
竿9尺、左手の柳と奥の水没した柳の間にエサ打ち。
かけ上がりで少し濁りが入って 魚の通り道になっている。

昼過ぎになりセリが少しマシになってきたなと思っていると
馴染み途中の浮子がブスッ!軽く合わすとヘラが浮いてきた
そんなに大きくないが九頭竜らしいなかなかの良型

 2011九頭竜初ベラ 相変わらずいい 型です
小さいが腹パンで結構重い、計測すると44cm、
結局、アタリはこの一発だけ(><)、
夕方になり再びセリが激しくなったので九頭竜は諦め、
下道で御母衣に行ってみることに...

8時過ぎにダムに到着、場所を見てみたが気配がイマイチなので
ナイターは止めて道の駅で早めの就寝。

翌朝、6時前に起き、落部川上流に向かった。
最上流でヘラ師らしき人が物色していたので
まっちゃんは一つ奥の道に入り、その下手を見てみた。

魚は浅場でセっていたが、マブやコイも多く
ヘラの型は九頭竜に比べてずいぶん小さい。
状況はイマイチだが折角来たので竿を出してみることに。

 台地の浅場 ゴミがかなり流された後
以前から御母衣は浅場でしか釣れてないため(^^;;
竿9尺、タナ60cm程度で台地の浅場を狙ってみた。
本当はもっと長竿が振りたかったのだが前のゴミが邪魔になった。

偏光サングラスで見ると時折ヘラが通っており、スレアタリが出る。
エサ打ち40分過ぎ、浮子にサワリが出た後、ツン、ツンと
入った合わせに浮いてきたのは38cm程度のヘラ。

その後、マブナ、ウグイとアタリは続く。
アタリのなかった九頭竜と比べると雲泥の差(^^; 
2枚目に釣れたヘラは40ありそうだったので計測してみる。

 御母衣の40上

計測すると40.5cm
その後、風が強くなりゴミが次々に流れてきて、釣りにならなくなり
岸寄りの浅場を何箇所か打ってみたがマブばかり。
時折尺半クラス?も手前を泳いでいるのだが口を使わすのが難しい。

周りのゴミが流されて無くなり、3時くらいから朝と同じPで打ってみる。
竿11尺に変更、水位は少し上がっていたが、タナは60cm位で朝と同じ。
この頃からエサの周りをヘラがウロつくのが見え出した。
が、アタリは渋く夕方までに40前後が3枚、計5枚の釣果に終わった。

 42cm いい引きしました
帰り際、上流の方に話を聞くと尺半2枚出たとか
やっぱり上流もきっちりと状況見るべきでした。
ダム釣りにおいてポイント選びが大事なことを痛感した次第です。
九頭竜といい御母衣といい長竿が振れず、イマイチしっくり来ない釣り、
まだまだ修行足りません。


ホーム
バック