御母衣ダム 釣行記(6/10)
土曜日、木崎湖に寄ってみるが魚の気配なく、仕方なく秋神に向かう。
木崎湖から秋神ダムまでは松本経由で2時間半ほど。
秋神は水位が高いが魚の食い気無く玉砕、
日曜日に型を見たくなり御母衣に寄ってしまうパターン?が続いている。

御母衣ダムは
減水中でも40 前後なら型が見られる。
今週もそんなわけで仕方なく御母衣に来てしまいました(^^;
 6/3 御母衣の40上

しかし、先週に比べ 大幅に減水して最上流にはへら玉が見えない。
まわりを物色すると下流で魚がセっている気配?、
近くまで行って確認するとコイが浅場でセって水を濁らせている。
へらも少し入っていないか見ていたがコイしか見えない...

過去の経験から、昼からはへらが周りはじめると信じ
21尺1本強の床でうっすら濁りが入っている場所で餌打ち開始。
落部川上流 釣人まっちゃんのみ

コイのスレアタリが頻発する中、ようやく出たアタリに合わすと40上の合ベラ
その後はコイ、合いベラばかり (ーー;
昼前になると予想通り、数は少ないがへらが周りはじめた。
ヘラが浮子近くに見えることもあるが、どうしても合いベラが勝ってしまう。
結局、40前後の合いベラを8枚程釣ってギブアップ。
 タモ割れました(;;) 40上のアイ

新たなPを捜し、上流まで歩いてみると
水が澄んでいるワンドでへらがチラホラ見える場所を見つけた。
ここなら合いベラは釣れないだろうと場所移動。

21尺一本ちょっとで床のエサがギリギリ見えない程度。
一時間ほど打つと微かなサワリが出始めた。
その中で出たツンアタリに合わすとヘラっぽい魚が沖に突っ走る。
何とか持ち応えるが、透明度が高い所為か結構な引き(^^)
ようやく取り込んだヘラは40あるかないか。
 この日初めてのヘラ

計測すると40.5cm 何とか今週も型が見れました。
この後、同サイズを4枚釣って納竿とした。
Pの選定で釣れる魚が変わってしまう典型的な釣り、
ダム釣りの難しさを痛感しました。

高速の休日千円も終わってしまうので遠征はこれで最後。
これからは近場の釣りでしのぐしかないか
トホホ...

ホーム
バック