広野ダム 釣行記(7/9)
木曜日、福井にまとまった雨が降り、広野、九頭竜の水位は一気に上昇
どちらに行こうか迷ったが、誰もいないだろう広野に惹かれてしまう...
金曜夜には流入量が大幅に減っていたため、
勝負は土曜午前中ま でか?とGW以来となる広野に車を走らせた。
高速代が高くなったので半分下道で着いたのは夜中の1時。

朝5時前に起き、対岸からBW台地を見ると魚がセっている。
近くまで行くとセっているのはコイばかり、がっくり(ーー;
しばらく
見ていると型は小さいがヘラも多少混じっている。
コイ20に対しヘラ1くらいの割合だが、うまく行けばチャンベラ釣れるかも...

水は予想外に澄み切っていて台地の浅場は釣りにならない。
ウロウロした末、先端付近で柳が半分浸かっている
Pでやってみることに
手前は浅いが水没している柳付近は少し深くなっている。
釣人は予想通り、誰も来ていない。
 穂先の魚影はセッている コイ

初めは竿12尺、かけ上がり1本強の床を10cm切りの宙で打ってみたが
アタるのはウグイばかり、浮子が踊りダブルで来ることもしばしば
...
嫌になりエサを床に着けるとすかさずコイがあたる。
2匹目の大ゴイで道糸が高切れし、浮子ごとおさらば
 クー(>_<)

仕掛けを一から作り直して釣り始めたが、
ふと柳の際々を宙で狙ってみようと思い、
14尺を出すと思惑どおりエサが柳スレスレに落下、いい感じ。
これならウグイを避けれるかも...タナ一本の宙

浮子の動きはマシになったが釣れてくるのはウグイ
その内、動きが落ち着いてきたので何か寄ったか?と
ドン!というアタリでマブナが釣れてきた。
ウグイや大ゴイよりはよろしい、というかこれなら何とか釣りになる。

その後、ウグイアタリに変わるが8時半を過ぎると再び大人しく...
ここぞとばかりテンポ良くエサ打ちしていくと
馴染み途中に消し込んだ浮子が少し浮いて再び消し込む、
”またウグイかぁ”

合わせると穂先が一瞬止まる、んっ? 一呼吸おいて柳際から
デカべらが浮いてきた。
”おおっ”
目の前を通るのがチャンベばかりだったのでびっくり(^^)
広野にしては長手だが、いい引きでなかなか寄ってこない。

  いい引きしてくれました

反転する度にバレないことを願いながらじっと耐えていたが、
最後はうまくタモに入ってくれました。

検寸すると尾っぽが長く47.0cmジャスト ホントに奇跡的。
多分自分をコイと間違えてセリに来たのかも...
この後、37cmを一枚追加、これがたまに見えるサイズ。

10時半を過ぎると日が照りつけ、コイのセリも収まり魚の回りが悪くなった。
うだるような暑さにたまらなくなり、11時に道具を仕舞い引き上げ
ることに。
疲れが出て風が良く通る木陰で3時まで爆睡。

4時過ぎから上流で9尺柳へチ狙いをしてみたがアタリなく玉砕。
水が上がり続けている割にヘラの回りが悪かった。
早めに諦め、昼から来た釣り仲間と楽しみのやすらぎの湯に...
夜は関西のダムや新潟のヘラ釣りの話で盛り上がりました。

日曜日は早朝から釣場を見て回ったが、ヘラの気配が全くなくなり
竿出しせずに下道で帰路についた。
やっぱり一日遅かった...

 セルフ手持ち 長手ですが太め。