広野ダム 釣行記(10/01)

10月に入り漸く釣行できる時間ができ、一ヶ月ぶりに相性の良い広野に遠征してみた。
この前は8月下旬に来て、尺半こそ出なかったが、445頭に6枚といい釣りができた。
地合いは夕方、この時はナイターしなかったが、少し延長でやってみても面白いと思っていた。

夕マズメの地合い 40上5枚

朝、寝過ごし、ダムに着いたのは9時過ぎ、それからPを見て回ったが
風が強い所為かヘラ玉は殆ど見られず、釣れそうな気がしない。
ここ最近は全く釣れてないらしく釣人は誰もいない。
4回ぐらいダムを周ってみたが結局竿を出さずに昼食(^^;;

広野のような魚影が薄いダムは気配がないとプールにエサを打ってるようなもの、
アタリ無しならまだしも、ウグイ入れ食いで浮子が立たなくなり終了がお決まりパターン。

昼過ぎに漸く竿の届く範囲にヘラ玉を確認したのでその上流で竿を出してみる。
あまり気乗りしなかったが、折角来たので19尺2本の宙
しばらく打つとウグイの猛攻に...
途中休憩したりして辺りを伺うが、ヘラの気配は感じられなくなった。

”そんなうまい話は続くハズないか...”
寒気の影響か北風が強く、心まで寒い (><)

4時過ぎまでやって今回は諦めて帰ろうと思っていた時、
100mくらい下流にヘラのモジリが、それも比較的岸に近い。
様子を見に行くと、途中の川を渡って何とか近くまで歩いていけそう...
見ている内にも2度、3度とゆったりしたモジリが出る。

慌てて引き返し道具を片付けモジリの近い場所に陣取る
時間は5時、先ほどと同様19尺、1本半の宙
日没まで時間がないのでガムシャラに餌打ちを続ける。

するとエサの近くでモコッといいモジリが出た、明らかにタナは浅い。
しかし1本〜1本半で打ってみるがアタるのはウグイばかり
おかしい、、、魚はエサに反応しているようなのだが...

そうこうする内、暗くなってしまったのでナイターをやってみることに
人気の全く無いダムで心細いが、こんなチャンスは滅多にない。
ケミ浮子に替え、少しずつタナを下げていく。
相変わらず、4投に一回はウグイ。

夜7時、タナを2本半ぐらいまで下げた時、馴染み切る瞬間にツンと押さえた。
合わせると重い感触が伝わり、その直後ボコボコッと沖合いに浮いてきた。
”やっとヘラ来たか”、正直ホッとする。

引き寄せようと思ったが結構重くて近寄らない、でかそうだ。
近くまで寄せてきてタモで救ってみるといい型!
 1枚目の写真 尺半タモ

お腹も少し大きく、パッと見た目48あると思ったが計測すると47.2cmしかない。
ま、尺半取れて良かったですが...

ところが写真を撮ろうとするとフラッシュが光らない、エー!!
しばらく充電してなかったため電池切れかけてました。(ーー;;;

シャッターを何回も押してなんとか取れたのが上の一枚目、もうダメ?
奇跡的にもう一枚光ったのが、下の写真(^^;; これで完全電池切れ、
(ヘッドランプの明かりで撮ろうとしたので斜めからのアングル)
 昼間に写したかったです

その後、8時半に38が一枚釣れてナイターは9時で終了、
寒くて手が震えてエサうまく付けられませんでした。気温は10℃以下。

次の日は朝一で同じ場所で打ってみたがヘラッ気無し。
冷え込みがきつかったので深場に下がってしまった様。
午前中に昨日入れなかった温泉に浸かり、
ゆっくりと下道を帰ることにした。