広野ダム 釣行記(10/8〜10)
10月8日(土)
先週、釣れたことに味をしめ、3連休またもや広野ダムに...
朝出発して、着いたのは昼前、地合いは夕方と割り切ったのでまだ余裕。
本流筋、岩谷とじっくり見て、少し気配のあった岩谷中流で竿を出してみる。

2時前から21尺を出すが、途中、風向きが変わり魚が下流に下ってしまった。
4時過ぎに引き上げ、先週、尺半を上げたP近くで釣ってみることに...
この日はモジリはあるのだが、竿が届かない距離。

ナイターになれば近づくかと思ったが、逆に沖目に遠ざかってしまった。
7時半までやって気配がないので道具を片付け温泉に...
夜は久しぶりの釣仲間と遅くまで歓談(^^)。

10月9日(日)
次の日は8時まで爆睡、午前中はゆっくりと過ごし、本流筋一本に絞って気配を伺う。
朝から快晴で水温が温まったのか、昼前からモジリが出はじめた。

12時過ぎ、比較的モジリが多かった場所に入って餌打ち開始。
竿は22尺、タナ2本の宙
昨日はモジリが遠かったので、できるだけ長竿を振りたかった。
 快晴の本流筋 陣取ったP

浮子はこの日のために作ったもの(暇なもんで)
トップ太目、カヤ3本合わせの重りを背負う、全長34cmの長竿浅ダナ用。
自作浮子 相変わらずええ加減な作り

浮子の調子を見ながら餌打ちを続けると少し沖合いでモジリが出た。
ヨシヨシ、食う食わないは別にして良い雰囲気 (^^)

ウグイを何匹か釣った2時半、馴染み際の小さいアタリで
38cmのきれいなヘラが釣れてきた。小さくても昼間のヘラはいい。

4時過ぎ、浮子の5mほど沖合いでゆったりしたモジリが出た。”おっッ!”
”エサに反応してそうだ”
その直後、浮子の下から大きなフキが...

慌ててエサ打ちするとドスン!と空ツン、
3回続けて空ツンで痛恨のエサ切れ(><)クーッ、タイミング悪すぎ!
慌ててエサを作ったが、何もアタらない。 折角のチャンスだったのに...

それから数投目の馴染み途中、
少し加速が加わったアタリ?に合わせてみると魚が乗った。
 4時15分過ぎ 2枚目のヘラ

浮いてきた魚はヘラ、しかし針が上唇ぎりぎりに掛かっている。
"バレないでくれよー!”
祈るような気持ちで慎重に引き寄せて何とかゲット!
計測すると44.5cm 尺半ないが満足!

それから再びウグイあたりが続いてナイター突入
暗くなってしばらくすると浮子がうまく沈まなくなった??
妙なアタリに合わせると上で魚にスレている
ヘラがうわずってエサ付近が真っ黒になっていそうだ。

それならとタナを2本から一本半に上げてみた。
すると浮子が馴染まず肩で止まっている、
軽く合わせると”ガバッ!”大きな水音とともに魚が浮いて来た
と思ったら、沖に向かって走り出した。”ゴボゴボゴボー!”

竿尻をできるだけ下げ、前のめりで必死に耐えたが、
ゆっくりと竿を伸され、なんと穂持ちから抜けてしまった クーッ(><)
”こいつバケモノか!”
コイ?とも思ったが水面を走る水音からヘラっぽい。

しばし呆然としたが、湖面中央を泳ぐケミは当分取れそうもない。
気を取り直し、車に21尺を取りに戻り、30分後にエサ打ち再開。
その後、たて続けに40前後のヘラを3枚
 41cmの美ベラ

しばらくするとケミがこちら岸に近づいてきた。
釣りは中断、21尺と玉網を担いで泳いでるケミを追いかける。
30分ぐらいすると運良く21尺で届くところまで寄ってきた。

浮き沈みしているケミ目掛け、2つ目のケミ浮子を振り込むと
うまく引っかかって竿先と一緒にスーッと引きあがってきた。
”アリャ?”引っ掛けたと同時に針がハズれた様。
魚見れず惜しかったような、良かったような、
(多分外れてなかったら取れてなかった...)

とりあえず穂先、穂持ち、自作ケミ浮子は無事回収
大物?は逃したけれど幸せな気持ちになりました(^^;

最終日、更なる幸運が...
3連休最終日へ

ホーム
バック