広野ダム釣行記(3/30,31)

今年は3月というのになかなか暖かくならず、新潟ではまだ雪のちらつく日が多い。
少し早いか、と思いながらも広野ダムに出向いてみた。

3/30日、休みをもらって午前中に用事を済ませ、広野に着いたのは夕方4時過ぎ
ダムサイトに到着すると左側道路は未だ1m近い残雪で通行不可。
仕方なくスロープまで200m以上、雪の上を歩くことに...

一歩一歩踏み込みながら何とか釣場まで辿り着いたは良いが
水位が高く、柳の枝が何本も水中から伸び竿が出せそうなPは無い。
クー!(><) 仕方なく伸縮できる鎌を取りに車まで引き返し
水中の枝を払って釣れるようになったのは5時過ぎ。

竿9尺一本半弱の床、ナイターを考えて
浮子はウモリを背負うカヤ4本合わせの自作ケミ浮子
ダメジナ8号、ハリス1.2号でエサ打ち開始。

 残雪が多く前方で雪崩あり

夕方にアタリが出るかと期待したがノーアタリでナイターに
7時過ぎからサワリが出だし、カツッといいアタリで乗ったのは40近いマブ
マブが動けばヘラも動いているハズ!
自分に言い聞かせ餌打ちを続けると8時過ぎにウグイ
8時半には7寸程のかわいいチャンベラ。

この日のナイターは雲が出て暖かく、魚のまわりが良いように感じた。
その後ウグイを2枚釣って10時頃
馴染んで直ぐにカツッと鋭いアタリ、
すかさず合わせるとゴボッ!と重い魚が沖めに浮いた。

ライトで照らすとそのシルエットからそこそこありそうだ。
左右の柳に掛からないように注意しながら強引に引き寄せ初ベラゲット!!
計測すると46.1cm

2012初ベラ 2012年初ベラ 尾っぽが片方切れ

一枚釣れたのでこの日は終了(正直ナイターはさくい(^^;)
こんな時期でもタイミングがうまく合えば釣れるもんです。

次の日は7時に起きて朝食を取り、雨の中準備に取り掛かる。
8時半から釣りを開始するが雨と風であまりよろしくない。
しばらく打ってみたが昨晩と打って変わって全く何もアタらない。

朝は寒くなかったのだがその内に風が強くなり、
体が冷え切って釣りが辛くなってきた。
ふと見ると雨の中に雪が混ざっている。

ここで釣る気力が急激に萎え、昼前に納竿とした(^^;。
車に帰って気温を見ると2℃、どおりで...
 
久しぶりに今庄の蕎麦を食べ、ゆっくりと下道を帰ることにした。
早く暖かい春が来てほしいものです...

 新しいタモ(尺四)デビュー

ホーム
バック