広野ダム〜秋神ダム釣 行記(5/1〜5)

早起きは三文の徳?

四月はいろいろと用事があり、あまり釣りができずに不完全燃焼で 終わった。
取りあえず昼間に泳ぐ魚を見て気持ち良く釣りができればいい...

今年のGWは 5/1から遠征し、去年と同じく広野→九頭竜→秋神経由で帰ることにした。
広野はあまり釣れてなさそうだったが、久しぶりに釣仲間と会えるのがうれしい。

5/1

朝6時過ぎ、広野ダムに到着し、秋に草刈りしておいたPや中流Pを半日かけて物色。
午後から去年玉砕したバッククォータのPで竿を出してみる。
アタリがないので竿16尺→14尺、場所変えといろいろ試すがダメ。

夕方4時ごろ、急に気配が出てきて2回の空ツン、フワフワが続いたが
結局、食わすことができなかった。
床の状態が良くなかった所為だと思うがクヤシィー!!

夕方から試しにナイターしてみたが、全くしらけていたので
1時間で打って道具を片付け終了。
この日は泳いでいる魚を見たということで、ヨシとしといたる...

5/2
昨晩は少し早めに寝たので5時前に目覚めた、歳とるとあまり寝れないんです(^^;;

この日は和尚さんの釣会の例会があるとのことで、
皆が入ってから空いているPに入ろうと思っていたが、
それまで待つのも時間があり過ぎるので、昨日のPに入ってみた。
 寝る前に一度短竿で打っても面白いかもと思っていたからだ。
 右手柳スレスレ斜め打ち

竿7尺の斜め打ち、一本の床で少し切った宙で6時前からエサ打ち。
針はダメジナ8号、ハリス1.2号
小指の先ほどのエサでひたすら馴染み切りを繰り返す。

この日から少しセリ気味になり、時折魚がヨレながら浮子の下を通過する。
6時半過ぎ、よれた魚がちょうど浮子下で止まりフワフワし始めた時、
ツッと小さなアタリに、聞き合わせ、
穂先が止まり、大きな黒い物体が浮いてきた。
オオッ!、デカイ!
小さい針が上唇にがっちり掛かっているのが見えた。 

腹パンなので強烈には引かないがとにかく重い。
何回もゴボゴボッと沖目に引っ張っていったが中腰で耐える。
最後は観念してゆっくり近づきタモに納まった。
 広野らしい凄いヘラです

計測すると48cmジャスト!その迫力にしばし見とれる。
手持ち写真を取って再びお仕事に戻ってもらう。

この一枚だけで今年のGWは終わりました...(^^)v
セッてる魚は40〜45cm前後だったが、その中で一番大きいのが
たまたま食ったような感じです。ラッキーの一言!

完全に力が抜けて釣りは中断、朝食を取り和尚さんに挨拶に行く。
この後、昼まで釣って42cm級の腹パンが2枚、
48の時と同様、ヨレて魚の密度が高くなった時に
ツンと入るアタリでした。
 42cm級の腹パン ちょっとズレまし た

昼になると風が全く無くなり、浮子下が完全に透き通ってしまう。
その所為か魚の回りが悪くなったのでこの場所は諦め、
大セリしている赤谷に場所替え。
50cmくらいの超浅場を狙ったが敢え無く玉砕。
(浅場用に作った浮子を試したかった)

昼過ぎから水位が落ち始めたので
この日はナイターせずに温泉に浸かってゆっくり休養

5/3

朝起きて水位を確認すると昨日の夕方から20cm以上落ちている。
こんな時はハタキが強くなり、厳しくなることが予想できた。

午前中バックウォータ近くの柳に陣取ったがアタリなし。
昼前に再び大バタキの赤谷でリベンジ。
できるだけ魚の密度の濃い場所を選んで
薄濁りの中、60cmの宙で餌打ち。

 赤谷のP 竿7尺一本弱の宙
この日、ハタいている魚は50前後が主体で食い気が全く無さそう。。。
昼過ぎ、ハタキが少し低調になり、魚の動きが鈍った時にツンアタリが出た。
合わすと40そこそこのへら
 42.5cmのオスべら

釣れたのは腹パンのメスに群がっているオスべら。
その後は再びハタキが活発になり、食いアタリが出ない。

4時過ぎまで釣ったがギブアップで広野を諦め
九頭竜から秋神に向かうことにした。

それにしてもこの時期の釣りはホントに難しい
よくまあ、うまい具合に一枚出たもんです。
 手持ちのヨンパチ

不調の秋神後半戦へ