秋神ダム 釣行記(7/21,22)

7/21
朝10時半、秋神のトンネルに着いてみると満水だというのに誰もいない。
(後から二人来られました)
湖面を見ると殆ど魚は見えず、しらーとしている、どうりで...
しばらく見ていると沖目の柳際にチラホラとヘラが見えた。

トンネル出口付近に刈った草が溜まっている場所があったので、
魚が全く見えない場所よりはマシ?と釣座を構えてみることに。

馬鹿長と釣台親子で出来るだけ前に出てゴミ除けを設置
竿10尺タナ一本弱の宙で餌打ち開始。
腰まで浸かって柳の手前。

天気は曇りで時折雨がちらつく程度、
エサ打ちを開始すると小さいウグイがあたる。
しばらく打つと鮒系の魚がエサ近くをウロつきだした。
ドン!というアタリで合わせると強烈な引きで40近い合いベラ(^^;

しばらくすると本命のヘラが浮子近くを回りだしたが
表面近くをうろつくだけで、エサを追って潜っていかない
時折いいアタリで乗るのは全てアイ。食わすのは無理なのか...

6時半を過ぎ、暗くなってくると浮子の動きが良くなってきた。
チャンベラを連発した後、馴染んだ後のドン!
合わせると沖目に伸されハリス切れ、クー!
暗いのと老眼で苦労しながら(^^;;、何とかハリス結んで慌てて餌打ち
相変わらず浮子の動きが良く、エサが持たない。

6時50分、固めに丸めたエサを小さくつける
馴染んで直ぐのチクッ!、
合わせるとスーと魚が刈られた浮き草を引っ掛けて手前に泳いできた。
オオッ?
アイベラとは違うゆったりした引き、ずっしりとした重量感からヘラだと直感、

何回めかのトライで草の下を掬ってみるとうまくタモに入った。
なかなかの重量、長手だが裕に尺半はありそう。

計測すると48.7cm (撮る直前暴れて写真は485に...)
とりあえず1枚出てホッとする。
その後は暗くなって浮子が見えなくなったのでナイターせずに終了。

7/22
次の日は早朝からエサ打ちを開始したが
アタるのはアイべらと30cm以下のチャンべらばかり

9時半ごろからようやく、大きいヘラが回りはじめる。
52、3cmは裕にあるだろか?
エサを打つと浮き草の影から出てきて、しばらくするとまた影に隠れる、
巨大になるためにはこの位の慎重さ、臆病さが必要なのだろう...

そうこうする内2、3枚のヘラがうろつきだした。
10時ごろ食い上げでようやく41cmが乗る。
秋神ではチャンベラですが...

その後はうまく食わせられず、昼になると晴れて痛いような暑さに...
夕方地合いで釣れる可能性があったが
暗い中、道具を片付けるのが面倒なので昼過ぎに帰路についた。

あの巨ベラにいかにして口を使わせるか...
まだまだ課題は多い。