広野ダム 釣行記 (2013/4 /7)

このところ週末は忙しく、まともに釣行できない日が続いている。
日曜は何とか関西から富山に帰りがけに広野 に立ち寄ることができた。
昼前に到着してダムを一周したが雨と風が強く竿も出せない状況。
もちろん誰一人いないというか、人の気配すらない。
釣りせず帰ろうと思ったが、ダムサイトは風裏で短竿ならなんとか振れそう...

竿8尺を出し床を取ろうとしたがいきなり引っかかりハリス切れ、アチャー
手前は刈ってあるのだが水位が低いのでその向こうに打ってそう...
左右に柳もあるので一本針で一本ちょっとの宙を打ってみた。
単発で時折セリがありタナが浅そうに思ったのと、
寒くて床でじっと待つよりも、テンポよく 打った方が気が滅入らない(^^;

 見るからに寒そう? 

一時間ほどエサ打ちした時、馴染み際に押さえが出た気が...
波が強かったが魚の気配を感じはじめた。
数投目、馴染み際に止めが入りフワフワとした後、ドスン!!
おおッ!こんな良いアタリでええのか?

合わすとボコッと腹パンのヘラが浮いてきた。
冷たいからか殆ど引かずに大人しくタモに...
尺半あるか?計測すると44.5cm

こんなに寒い中、釣れてくれて文句言えません。

今年の ダム初ベラくん

その後、尺半狙って頑張ってみたものの全くサワリ無し。
さらに気温が下がってパラパラと雹が降り出した。
エサをつける手が痛くなってきたので4時前に納竿、ヘタレ
車の気温計は3℃...雨でズブ濡れの体感温度は氷点下

体の芯から冷えたので温かい蕎麦を食べて帰路についた。
一枚釣るのも大変です...