室牧ダム 釣行記(5/11)
今年は5月になっても雨の少ない日が続く。
あまり良さそうな所がないので近くの室牧ダムに出かけてみた。

室牧ダムは八尾の上に位置するダムで富山市からは4、50分で着く。
一説には巨ベラが住むと言われているが釣人が少ないため真偽は定かでない。

着いてみると水位はかなり高め、
上流部のハタキPになりそうな所は見てまわったがヘラの気配は皆無、
水が澄んでいるため魚がいないと勝負ができない。
諦めで帰ろうと中流部に差し掛かったところでヘラらしき魚がゴミ際に見えた。

慌てて車を止め、岸辺に降りて確かめると数が少ないがヘラが回っている。

回遊コースをじっくり見定め少しでも長竿が振れるポイントを捜す。
沈んだ枝の手前&ゴミ際の横にピンポイントで餌打ち。
表層を泳いでいるため15尺、タナ一本の宙。
 沈み枝ぎりぎりにエサ打ち

浮子は早めに動きだしたが、食いアタリがいつまで経っても出ない。
ひたすら打つこと2時間半、
おかしいと思いながら昼前に小さいアタリを合わすと子ウグイが釣れてきた。
アタリの主はこれかいなぁ(ーー;

12時を過ぎるとエサ近くでヘラがモジッた。エサには反応してそう...
とりあえず、午前の部は玉砕で昼御飯。

釣りを再開して直ぐにアタリが出だす。37、8cmの痩せベラを2枚釣った後

小さいアタリに合わすと大きめのヘラ、ゴボッという水しぶきを上げて
近づいてきた口はかなり大きい。掬ってみると40はありそうだ...
 室牧ベラです。

計測すると44.8cm 水が澄んでいるので痩せベラだがヨシとしよう。
この後はアタリが渋く、安定したアタリを出すために試行錯誤。

タナは浅いのだが、フワをかけて馴染むまでの落ち込みアタリで
少しずつエンジンがかかってきた。
 44.5cm

釣れる魚は38〜44cmまで
雨が降り続いている所為かアタリが途切れない。
結局5時半の納竿までに17、8枚、半分は40上だが尺半は出なかった。
 43.5cm

全体的に痩せベラが多いが引きは強め、たまにそこそこいい型も(下写真)
次は是非尺半狙いたいが、水が澄んでいるので雨がなければ難しいかも??
今後のポイント開拓が楽しみになってきた。
 42.5cm そこそこの型


ホーム
バック