九頭竜ダム 釣行記 (2013/6 /15,16)

今年の九頭竜は満水まで水が上がらず、楽しみな柳の釣りができない。
難しい釣りが予想されたが、魚影見たさに出 か けてみた。
土曜の朝、上流のワンドを物色しながら伊勢川上流に着いたのは8時半。
魚のタマがあちこちにあったので早速竿を出してみることに...

天気は曇り空、これはチャンス?
釣り道具を担いで降りると
近くにあったダマも、あっという間に遠ざかる。
完全にこちらの動きを見透かされている。
結局、ウグイまみれで厭になって終了。
その後、3箇所場所替えしたが悉く玉砕。

 シャッター音で沈んだヘラダマ、まるで 水族館?

昼間は全く釣りにならないと夕方に勝負をかけてみる。
ウグイに嫌気がさしたので、一本ちょっとの遠浅の浅場を攻めてみた。
暗くなる前に一度浮子横でいいモジリが出たので気合が入ったが、
当たるのはニゴイとマブナ、ウグイばかり。
軽くナイターしてみたがマブナの入れ食いに...完全にお手上げ

食わせられるチャンスがあったと思うのだが、クー、くやしーい!(><)
このまま帰っても良かったが、早朝のチャンスにかけてみることに。
これでダメなら諦めがつく。

伊勢川上流には5時過ぎに到着、
一箇所、竿の届く範囲にヘラダマを見つけたのでやってみることに。
22尺、一本半、エサを柔らかめに作って慎重に餌打ち開始。

運がいいことにちょうど小雨がパラついて来た。

エサ打ちをすると着水音に反応してヘラダマがゆっくり動きだす。
切るとエサがパッと広がるのが見える。
すかさず2投目、まだヘラは居る。さらに3投目、少なくなったが魚影は見える。
タナは浅そうなので一本に上げる。
4投目、5投目と打つがきれいに浮子が馴染む。

それから数投目、馴染んで落ちついた浮子がいきなりドン!と入った。
こちらにスーと泳いできたので一瞬ウグイかと思ったが
近づいてくるとヘラがついている。 ヨッシャー!!(^^) 

 黒々した九頭竜ベラ

あまり大きくはないが、時間をかけて慎重に掬う。

計測すると43.5cm 型イマイチですみません(^^;

次の1投からはウグイが当たり出す。
この後、雲の切れ間から日が差し、辺り
一面が照らし 出されると
ウグイ以外何もいない。

本当に日が差すのが30分早ければ釣れてなかったかも...
一枚釣れたことで満足し、伊勢川を後にした。

柳のない九頭竜、難しいです。