五位ダム 釣行記(6/23)

土曜日は秋神で見えベラ相手にエサ打ちしたがあえなく玉砕、
クリアーウォータは浮子よりもヘラの方に目がいきがちで
予想以上に疲れる(ーー)

たまにはノンビリした釣りがしたくて五位ダムに出かけてみた。
五位ダムはアタリがあってもブルーギルが触るくらいで
まっちゃんの中では山田ダムにちょっと雰囲気が似ている。

ダム周りを見渡したがバスボートが数多く出ているだけでヘラ師は皆無。
水位は満水からかなり下がっている。
しばらく見ていたがモジリはなく、あまり良さそうな状況ではなさそう。

とりあえずバスボートの影響を受けにくい場所で竿を出してみる。
竿22尺、タナ2本で8時半からゆったりとエサ打ち開始。

 入ったP、急斜面のどん深

はじめは静かに馴染む浮子を眺めて気を良くしていたが
2時間以上打っても全くサワリがないので
11時過ぎに3本までタナを下げてみた。
しばらくすると微かなアタリが浮子に表われはじめた。

ブルが触っているような感じで、決定的なアタリはない。
浮子が馴染む前に少し止めたり、小さく抑えるようなアタリが続く

11時50分、馴染んだ浮子がいきなり2節ドスン!と入った。
合わすとギューンと穂先が水中に引き込まれる。
”コイかぁ”
伸されかけて切れると思ったが、何とか耐えた、
とヘラらしき魚がゆっくりと浮き上がってきた。

おおッ! そこそこの型、
引きが強く、なかなか近寄ってこない。

五位440 いい引き見せてくれました

ようやく掬って検寸すると44.0cm なかなかのサイズにニンマリ。

次の一投で全くサワリが無くなったので
ずっと続いていたブルのようなアタリはヘラだったよう。

午後は40足らずのヘラを一枚追加して5時過ぎに納竿
灯台下暗しとはこのことか
ガソリン代が高くなったので、雨が降らなければ
近場で楽しめるダムになりそう...