五位ダム 釣行記(6/29)
先週そこそこのヘラが釣れたので
あわよくば尺半を釣ってやろうと再び五位に出かけてみた。

朝8時過ぎに上流の川筋に到着、
しばらく見ていてモジリの多い場所近くに入ってみた。
9時前から竿22尺、3本の宙で餌打ち開始。

2時間ほどエサ打ちするとサワリが出だした...
ツンアタリに合わすと37、8cmのヘラ
その後はマブナ混じりに同じ型のヘラが3枚。
山田と同様、バスボートが前を通ると暫くサワリがなくなる。

これでは大物は釣れないと昼過ぎに先週のPに場所移動。

18尺3本で2時前からエサ打ち開始、
ドン深なので短い竿でも釣れるというのを確かめたかった。

22尺ばかり振っていたので18尺3本だと浮子が目の前、
短竿を振ってるような錯覚に陥る。


 若干斜め向き、久々の18尺煉

2時間ほどエサ打ちすると微かなサワリが出始めた。
ヘラか?と緊張するがなかなか落とさない。
1時間以上も同じ状況が続き、やっぱりブルーギルかも??


6時前になってようやく小さいがはっきりしたアタリが出はじめた。
数回空降りが続いた後、ドスン!といいアタリ
ゆっくり浮いてきたのは先週と同じような型
掬ってみると顔がでかく若干長手

  型イマイチですが今年初尺半

計測すると45.4cm、今年の初尺半(^^)v

半分諦めてたので型イマイチだがちょっとうれしい。

先週と同じく、一枚釣った後は、全くサワリが無くなった。
食いが良くないのか、地合いが来るまではエサの近くをずっと
回っているのかもしれない。
この地合いはいつまで続くのやら...