秋神ダム 釣行記 (2013 7/6)


、金といい雨が降ったので秋神に出かけてみた。
土曜の早朝、本湖寄りで40cmジャストを 1枚上げたがそれっきり。
魚の周りが少なく厳しそうなので一旦道具を片付けてポイントを物色。

水位は中途半端でトンネル台地には殆ど水が入ってない

が、台地の水溜り程度に浸かったところで小さいヘラが見えたので
チャンベラ狙いで短竿で打ってみることに...
少しずつ水位が上がっているため、うまく行 けば魚が入ってくるかも??

馬鹿長で立ち入って床を踏みしめて水深を少しでも深くしてから
竿7尺、40cmの床釣り、柳の際にエサを落とす。
魚がかかると柳に絡まる可能性が高いためダメジナの一本針。

 馬鹿長で立ち入ったため濁りが...

エサ打ちを始めてしばらくすると良いアタリでマブとチャンベラの入れ食い。
特にマブは大きいもので尺半近くになり、ハリスをブチブチ切られる。

更に柳に突っ込まれるため、浮子のトップも3本折れる
クーッ!
(><)
タナが浅いため、魚を選べる状況ではない。
 黒々としたマブ、こいつら大嫌いだ!

水位は少しずつ上がってきて大型のヘラも入りだしてきた。
マブナの合間にようやく情けないヘラが上がる
それも尺半ないし(44cm)...
 黒々してますが多分ヘラ?

朝から打ち始めて水位は10cmは上がったか、
このまま上がれば本湖のヘラがどっと入ってきて大釣りの予感(^^)

しかし、ここに来て水の上がりが止まった。
昼前にきれいな43cm
 放流ベラの43cm

その後マブナを何枚か挟んで42cmが乗る
しかしこのヘラを釣った後、水位は徐々に低 下しはじめた。
”エエー!何でやねん”
満水までまだかなりあるので無理に下げる必要はないと思うのだが...


 42cm放流ベラ

結局、水位が下がってからは食いがたたず、夕方で撤退。
今年の釣運の無さを象徴するような釣り。

あと10cm上がればいい釣りができていたと思うのだが...
トホホ