広野ダム 釣行記(7/20)
ガソリン代の高騰でGW以来足が遠のいていた広野ダムに久々に出かけてみた。

朝6時前に到着、赤谷周辺を物色すると少しであるがヘラがハタいていた。
早速、赤谷上流の急斜面をずり降りて浅場に陣取るが、
ウロウロしているのは大半がコイ、時折セってるヘラが単発で通るだけ
2hほど打ってウグイ2枚で撤収、汗だくになって崖をよじ登る。

次に赤谷下手に入ったが水位が高すぎ雰囲気はイマイチ。
ここも1h半ほど打ってノーアタリで撤収、予想以上に厳しい展開。
この頃から上流に向かって強い風が吹き出した。

昼前に最上流を見に行くと風に押されヘラ玉が上がっているのが見えた。
午後からここで打ってみるか。とりあえず木陰で昼飯&休憩。
暑さと急坂を何回も上り降りした所為で体力ヘタってました(^^;;

2時半過ぎから最上流近くの柳際に陣取り、下流からくるヘラを迎え撃つ。
上がってくる魚からは隠れた位置になる(こちら側からも見えないが(^^;;)
竿は17尺タナは一本、ちょい床切りの宙、
エサは斜め左下手に回して柳の前に投下。

 最上流付近、床の岩が見えている

餌打ち直ぐにウグイがアタるが、数枚釣ると少し大人しくなる。
そんな感じでウグイを10数枚程度釣っていると
浮子が時折馴染むようになってきた。
その割合が増えてきて、途中からウグイがまったく釣れてこなくなった。

フワフワした中の小さいアタリに合わすが何も乗らない。
コイか何かが寄っている気配...

それが30分以上続いただろうか。
3時45分、フワフワした中のカチッとしたアタリに合わすと
グッと重い魚が乗る、ゆっくり浮上してきたのはデカベラ!
おおッ!
ボコボコと音を立てて 下流に引っ張っていくのを必死にこらえる。
ざっとみても48はあるように見えた...

ガッチリと口に掛かっていたが反転する度にバレないように祈る。
ようやく掬うと腹パンで重い!が、尻尾が短い?

 久々の広野ベラ

計測すると45.7cm 見た目の迫力はすごいんですが(^^;;
とりあえず記念写真を撮って放流。

その後は36、7cmのチャンベを一枚。
6時前にいい雰囲気になったが、掛けた直後に下流に走られ
痛恨のハリス切れ クーッ!(ーー;

何とか型見られただけでも良しとして6時前に納竿。
楽しみの温泉にゆっくり浸かってから帰路についた。

 腹パンで立ちそうなヘラ

ホーム
バック