五位ダム 釣行記(3/24)
今年の富山は3月上旬まで寒い日が続き、完全に出そびれていた(^^;
しかしここに来てようやく暖かくなってきたので
恒例の3月に余った年休を取って、月曜の昼から近場の五位ダムに出かけてみた。
どうせ釣れないと思ってたので、メインは冬に作った浮子のバランス確認…

昼すぎに到着、上流ポイントを見て回り意中のポイントに着いたのは2時過ぎ。
冬場にある程度刈っていた場所を剪定バサミで仕上げ、3時からエサ打ち開始。
竿14尺、ダメジナ一本針で浅ダナから水中の柳を探ぐる。
いたる所から柳の枝が突き出ているので2本針では取り込めない。

  釣台2段重ね
針を4、5本柳に引っ掛け、1本半まで馴染むポイントを見つけ宙でエサ打ち。
こんな時のために使い古したダメジナ針は捨てずにキープしています。

4時半まで打ってアタリなし、時折色鯉が柳の間を泳いでいるのが見える。
日陰になり寒くなってきたので防寒着を着るためタナ休めを兼ねて一服
20分後、エサ打ちを再開して3投目、少し馴染み際に触った気が…
次のエサ打ちでふっと浮かせたので、何か魚がいそう。エサに手水を加え練りこんでいく。

数投目、馴染んだ浮子が一節ブスッ、小さく押さえた
咄嗟に合わすと沖目に黒い魚が浮いてきた、見ると大きめのヘラ(@@)
2回伸されかかったが何とかこらえ、柳にかからないように慎重に寄せる
水中の柳が邪魔だが数回掬って無事玉網に収まった。

2014初尺半 黒っぽいヘラ よく釣れました
検寸すると45.1cm、初べらが初尺半になりました(^^)v
その後、6時まで打ってノーアタリで終了。

通常のヘラ釣りでないピンポイントの釣りですが、この時期特に有効な気がします。
まさに”虎穴に入らずんば虎子を得ず”

でも、かなり運良かったのは間違いないです(^^;;