広野ダム 釣行記(4/12)

現在、ホームのダムは?と聞かれると広野と答えるだろう。
行く回数は少ないが(^^;毎年年券を買ったり、ここ数年秋の草刈は恒例行事
そんな広野ダムに今年初めて出向いてみた。

金曜の夜、富山から下道で3時間半かけて到着(なんだか)、
朝、8時過ぎから湖面を物色
ダムサイト、赤谷、バックウォータと顔見知りのダム師さんと久々の会話
この時期から攻めるのは相当気合の入った方ばかり(^^;

折角なので新規ポイントを開拓しようと思い、以前から目をつけていた場所に
ホームの認識があるので、純粋にポイント開拓が楽しめる

タカ切りバサミで水中の柳と上に張り出している木を剪定、
道をつくるため、密集したイバラを切るのに手間取り、
ようやく釣り始めたのは12時前(^^;

竿8尺、いつもの柳の中をダメジナ9号の一本釣り。
針を数本飛ばしながら、一本半の宙で 一時間半打ってアタリがないので昼御飯

新規P 波で浮子が見難い

2時過ぎから再開したが、この頃から波が強まり、浮子が見難い。
ちょっと入った事を後悔しだした。
3時過ぎ、馴染んでいた浮子が不自然に浮いてきた、合わせたが空振り
波の所為かと思ったが、数投目で同じように浮かしてきたので魚がいると確信

次の一投、浮子が最後まで馴染まないので柳にひっかかった??
竿を上げるとゴン、ゴン! 上で食ってました(^^;;
ゆっくりと浮いてきた魚はゴツッ!!、(北陸のヘラに慣れていたので)

ダメジナがいいところに掛かっていたので安心して操る
腹パンなのであまり暴れず、ゆっくり寄ってきてタモに収まってくれました。

広野初尺半 広野腹パン初尺半

それにしても重い
急坂で苦労しながら何とか検寸すると47.0cm、やりましたぁー(^^)v
まっ、向うから勝手に掛かってくれたんですが(^^;;

その後5時半過ぎから再び浮子に気配が…
タナを浅くしたりエサを小さくしたり、いろいろ試したが
最後までいいアタリを出すことが出来なかった。
クッ 悔しいー!!(><)

障害物のあるところは、これが最大の課題
まだまだヘタです
6時半に納竿、前日寒くてうまく寝れなかったのと
一枚釣れたのに満足して帰路につくことにした。

手持ち 逆光でイマイチでした