五位ダム 釣行記 (2014 7/19)


44pの呪縛?
このところ雑用でまとまった時間が取れず、2,3時間釣れればいいぐらいの釣行が多い。
それでも運よく魚は釣れるのだが悉く44cm止まりで釣行記を書くに至らなかった。

ここに来てあらためて尺半を釣る難しさを思い知った、というか
大型の釣り方が根本的に間違っているかも知れないと悩み始めた。

ま、偶に行って釣れるだけ文句言ったらバチあたるかもしれませんが...
どうせお気楽ですし(^^;;

muromaki44z.jpg(107608 byte) 室牧44p 9尺タナ一本強 宙
秋神44p 秋神44p 16尺タナ一本 宙
五位ダム44p五位44p 19尺タナ三本 宙
九頭竜44p 19尺タナ一本 宙

室牧に関しては44cm台が3枚、流石にちょっと引きますね(^^;;


この日も3時から時間が出来たので久しぶりに五位ダムに行ってみることに
4時過ぎに上流に着くと常連さんが一人釣っておられたので話を伺う。
最近は釣れてないので釣り人も来なくなったとのこと フムフム

まっ、釣りの雰囲気味わえたら良し!と16尺2本の宙で5時前からエサ打ち開始
はじめは馴染んでいた浮子も途中からブルーギルで踊りっぱなし

時折ヘラも近くを通るがエサには全くお構いなし
話の通り、ヘラの食い気がないのがよくわかる

6時半を過ぎると浮子の近くにヘラの影がチラホラしだした
が、相変わらず浮子は全く馴染まない

そのうち近くで釣っていた常連さんも諦め、納竿して後ろで話し出した。
まっちゃん"こりゃ釣れませんわ、エサの周りブルばっかりですね!″

たわいない話をしていたが7時を過ぎて暗くなってきた時
エサ打ち付近にヘラらしき魚影が見えた。
次の一投、今まで全く馴染まなかった浮子が嘘のようにスッと馴染んだ。オオッ?
すかさず切ってもう一投
ゆっくりとスムーズに馴染みきった、と同時にブスッ 完璧なアタリ!

竿がしなり沖めに浮いた魚はそこそこの型
引きが強く寄せるのに結構時間がかかる
ようやく掬ってみるとうーん?有るか無いか微妙

まっちゃん ″多分44cmですよ!″
常連さん ″いや、これは尺半あるで!″
計測してみると45.5cm 

長いトンネルを抜けた気分、少しだけホッとしました。

 暗くてピンボケぎみです。