九頭竜ダム 釣行記 (2015/07/19)

新潟にきて新しいダムを巡るが40上を釣ることすら難しい。
ポイント探しから始める大変さを改めて痛感する。

そんな中、大物を釣りたい思いが高まっていた所に
台風後に2m近く水位が上がっている九頭竜が気になった。

今年最後のチャンスかも知れない…と意を決して突撃してみた。
5時半に起き、高速を飛ばして一気に白鳥ICへ
意中のポイントに到いたのは9時を過ぎていた。

入るポイントは来る前から決めていた。
去年この水位で、足元を回遊する巨べらを狙い
10尺ヘチ打ちで玉砕。
長竿で打っていれば違っていたかもという後悔がずっとあった。

運よく場所も空いており、それを試せるチャンスが来た!

15尺を出すと上に木が張り出していて穂先が当たる
少しでも長竿を振りたい思いから横振り込みで強引に開始
タナ一本ちょっとの宙でエサ打ち。

40分程打つとエサの周りを7,8匹のヘラがウロつきだす。
しかし当たるのはウグイばかり、
エサは上のヘラを通り越して下にいるウグイが食べる構図。

そこでタナを馴染みの70cm位に上げる
はじめはアタリがなく、いい雰囲気だったが
ヘラの食い気がないのを悟ったウグイが浮上して食いだした。

クー!(><)やっぱりこの長さでは無理かぁ!?
ウグイの入れ食いが続く中、途中で針が外れて上の木に絡まった。
引っ張った時、ハリスが一本切れたのでこの機会に結び直す。

が、老眼のため、なかなか結べず20分程掛かってしまった。
(歳取ったらダメですね…)
ようやく結び終わって前を見るとヘラもウグイも居なくなっていた。

仕方なくエサ打ちを再開すると一枚のヘラが近づいてきた。
数投目、打ったエサにスッと近づいたので浮子に目をやると
馴染み際にツッと押さえる
反射的に合わすとそいつがゆっくりと水面に浮いてきた。

あまりの唐突さに一瞬スレかも? と思ったが口元に掛かってそう。
大きさと腹パンの所為かゆったりと泳ぎ、なかなか近寄って来ない。

こちらも上に木があるため、立ち上がるわけにもいかず、
魚が弱るのをじっと待つしかない状態

泳いでいる間、何匹かのヘラがセリに来る
近くに寄った時、確認すると針はセンターにがっちり掛かっていた。
どれくらい時間が経ったか、何度目かのトライで漸くタモに収まった。

九頭竜496  迫力の九頭竜ベラ! 


場所がなく、釣台の上で計測すると49.6cm やりましたぁー!
記念写真を撮って放流

その後、昼御飯を食べて戻ったら魚の気配が全く無くなったので
昼過ぎに道具を片付けて帰ることにした。 
 
今回は自分で釣ったというより九頭竜で知り合った
釣仲間に釣らしてもらった気がします。


手持ち  写りがイマイチですが