奥只見ダム 釣行記(5/21)
今年に入ってここまで3回の釣行も型を見ることができない。
時間が短い所為もあるが、暫くしてなかった釣りの感覚が戻ってないのが敗因

しかし3回目にして初アタリが見られ、漸くその感覚が戻ってきた。

この日は昼前から下見を兼ね、水の少ない奥只見ダムに出かけてみた。
 
銀山平に1時に到着、
例年より10m以上低い上流にはヘラの気配が殆どなかった。
折角、来たので新しいポイントを探しながら尾瀬沼方向に車を走らせる。


途中降りれそうなワンドを見つけたので降りてみると

おんどまりのゴミ溜りで数匹のヘラがウロついていた。もしかして釣れるかも...

ポイント 水が澄んで時折魚が見える

14尺1本の宙、ダメジナ8号で4時からエサ打ち開始、
ゴミ際に近いところを狙うと30分程で60cm級のコイ(ーー;。


5時過ぎに馴染みで微かなサワリが出てきたのでエサ打ちのピッチを上げる。
5時15分、馴染み際で一節の押さえ、理想的なアタリ!!

すかさず合わすとノソーっとヘラが浮いてきた。


久しぶりの魚は重く、反転の度に針がはずれるないことを祈る。
最後は口を開けながらゆっくり寄せて、掬うことができた。

お腹が少し膨らんでいて野武士的なへら、
尺半あると思ったが測ると44cm(ちょっと残念)


44cm 奥只見のへら

その後、マブナが2枚来て6時に納竿した。

型はともかく、ようやく狙い通りの釣りができたことが嬉しかった。
次は尺半、上がるといいですが...