室牧ダム 釣行記(10/01)

奥只見で釣って以来、なんと4か月振りの釣行 \(^O^)/
富山に来たついでに、室牧ダムに寄ってみた。

到着して湖面を見ると水位が中途半端に高く、まっ茶色で濁りがきつい。
アチャ〜!折角来たのだからダメもとでも釣ってみるかぁ...(ーー;
濁りがきつく、水位が落ちている時はワンドのへチを回ることが多い。

早速ワンドに降りる道を作り、
柳を切って釣れるようになったのは15時過ぎ
竿12尺、沈み柳に引っかかりそうなので一本針でエサ打ち開始。

当日のP ワンドの柳の中

タナ一本から打ち始め、一本半で水中柳に引っかかるのでちょっと上げ、
水位が落ちていたので床近くを釣りたかったが仕方ない。

30分ほどエサ打ちするとチャンウグイがアタる。
毎年この時期は浮子が踊りっぱなしになるが、濁りがきつい所為か大人しい。
一時間ほどエサ打ちを続けると浮子が静かに馴染みはじめる。

するとエサ打ちの5m横でヘラらしきモジリが出た。
もしかして既に寄ってるかも...
エサを少し小さくしてピッチを上げる。

少しずつだがサワリが出始める、がアタリは渋い。
16:20分、馴染み切って直ぐ一目盛りズルーと入ったアタリに合わせると
大きめのヘラが濁りの中から浮いてきた。オオッー!

尺半あるか?と思ったが計ってみると44.8cm
型イマイチだが、久しぶりのヘラに文句言えません。
室牧ベラ 型イマイチですが室牧ベラ

再びチャンウグイのアタリ
アタリが静かになって5時頃に小さいツンで40cm級。
その後、いい当たりでマブナが3枚続いたので納竿とした。

こんな状況でヘラが出ただけ良しとします。
今年は尺半無理そうです トホホ (;_;)

40上