五位ダム 釣行記(4/8)

今年は五位ダムから攻める、そう自分の中で決めていた。
去年は一度も行けなかったが、この時期近場で
巨ベラに出会えるのはここしか思い浮かばなかった。

五位ダムに着いたのは7時過ぎ、高確率のいつもの柳Pに入ったが
水位が少し低い&柳が伸びたので思うような釣りができない。
午前中、何回か気配はあったが、針が柳に引っ掛かりハリス切れで終了。
打つ場所を変えても同様、策士策におぼれるという言葉が浮かぶ(^^;

昼前に道糸まで高切れし、遂に場所替えを決断。
周辺を見て回り、一か所剪定すれば短竿が振れそう?な場所を発見
夕方まで釣果が望めそうも無いのでゆっくり昼御飯&昼寝。

2時過ぎから得意のタカ切りバサミとノコギリで
水中の柳と上に張り出している木を剪定、何とか7尺まで振れる。
新しいポイントを作るワクワク感は子供の頃に
秘密基地を作った感覚と似ていると思うのは自分だけ?

 新短竿ポイント

3時過ぎから7尺タナ一本ちょっとの宙でエサ打ち開始
水が澄んでいるのでエサが手前にくっきり(^^;
エサを切ると少し沈んで床に着くので2、30cm床を切ってそう。
多分普通のヘラ師なら”こんなん絶対に釣れんで”と言うかもしれない。

しかし、秋神、九頭竜で通りすがりに食うのを何度も見ている。
食いが立てば澄んでようが、短竿であろうが関係ない、釣れるハズ!
何度も自分に言い聞かせ、ひたすら馴染み切り。

が、たまに通るヘラはエサ打ちに驚いて引き返すか表層を素通りするだけ
エサに興味を示すのは30cm程度のブラックバス一匹、トホホ...

5時20分頃、そんな浮子に少し変化が表れた。
馴染んでから何回かゆるやかに押さえが出る、オヤッ?
水中を確認しても良かったが、ここは浮子に集中。

数投目、馴染んでいきなり2目盛りのドスン!
咄嗟に合わすと白い大きな口がゆっくりと浮かび上がった
コイ?と思ったが黒々としたヘラ
2回沖に引っ張っていったが、強烈ではなくうまく掬えた、いい重量感(^^)v

2017初ベラ 2017初ベラ

半分諦めかけてたので一人でガッツポーズ
久しぶりのヘラはでかく見えたが44.5cm
正直、もう一枚で十分な気がした。

その後、エサ付近を見ると尺半〜50位の巨ベラが4,5枚うろついている
50cm級になると尾ヒレの動きが波打つので分かる。
さっきまで魚っ気が全くなかったのに、いきなり確変かかりました(^^;

浮子の動きが全く変わり、フワフワの連続
先ほどと同様ドスンといいアタリで厳ついヘラが上がってきた。
計測すると45.1cm、初尺半頂きました m(_)m

2017初尺半 2017初尺半

さらに数投目、少し長めのへらが上がってきた。
結構な引きだが、時間をかけて何とかタモにおさめる。
計測すると48.7cm、型イマイチですが尾っぽで稼ぎました。

 型イマイチですが(^^;

水中を見るとまだ50cm級のへらがうろついている。
気合が入ったが次に乗ったのは43cm級、
この後、アタリが急に無くなり、水中には一匹もいなくなった。

夢のような一時は終わり、6時で終了
50上は釣れなかったが、釣りはやっぱり楽しいっス!
信じる者は救われる?、こともあるんです。