広野ダム 釣行記 (2017/5/6)

GWは何かと雑用が入り、5月6日に関西から新潟に帰る途中で
漸く広野で竿を出す時間が作れた。
昼前に小降りのダムサイトに到着すると釣仲間がいたので雑談。

雨が少ない&水位は低いで状況は最悪だが、折角なので竿を出してみる。
2014年春先に尺半を釣って以来、実に3年振り。

釣仲間の情報から魚の気配がマシなダムサイトで沖目の宙、
最近、柳の短竿ばかりだったので少し長めの竿を出してみたかった(^^;。

剪定ばさみで手前の柳を刈込み18尺を出して沖の柳際の馴染みを確認、
際々は状態がイマイチだったので16尺の宙で2時からエサ打ち。

一本強にすると時折水中の柳に引っ掛かるため、一本弱の浅ダナで馴染み切り、
食いが悪い事が予想されたため、小さいエサで馴染み際のアタリにかける。

広野ダムサイトP  エサは真ん中柳の手前

エサ打ち一時間、浮子に微かなサワリが出始めた。
なかなか落とさない中、小さいツンアタリに合わすと小ウグイ、
アタリの主はお前か!、少し落胆してエサ打ちを続ける。

相変わらずモヤッとしたサワリはあるがそれっきり...
そのうち、途中で止めたり浮子が回ったりヘラのような動きが出る。

ヘラか小ウグイか半信半疑の状態が続く中、
4時過ぎ、馴染み途中モヤッとした直後
ドンッ!いきなり2節の押え

合わすとゆっくりと魚が動きだし沖目でゴボゴボッ
デカイ!それに重い!
竿を立てても重くて寄ってこない。

立ち上がって両手で竿を操り、伸されないよう堪えるのが精一杯
しばらく泳がせた後、ゆっくり寄せて救おうとするが手前の丸太が邪魔、
タモに半分入ったところで暴れて再び沖目に...

42cmのタモが小さいと思ったのは初めて、
再び慎重に寄せてきて2度目のトライでうまく滑り込んだ。

2017広野初ベラ 傾いてたので顔が押されてます(^^;

重さで50あるか?と思ったが体の割に短い。
検寸すると48.5cm、しかし重量、胴回りは過去最大級(多分3Kg前後)

その後、5時過ぎまで頑張ったが上手くアタリを出すことが出来なかった。
ホントに水が悪い中、奇跡的に一枚釣れてくれました、
午前中の雨、曇り空、仲間の情報...それと釣りの神様に感謝です!

手持ち 写真イマイチですが...

追伸) 赤谷やバックウォ―タを見て回ったが
柳や木が根こそぎ切られスカスカになり
以前の一級ポイントの面影が無くなっていた。
春は柳や木陰を釣れ!です
この読者はそんな人はいないと思いますが
くれぐれも最低限のポイント作りをお願いします。