99・1・1 山田ダム
年が明けて1月1日の夜に山田に初釣りに行く。
ポイントは奥広田のバックウォータ付近。
理由は日当たりが抜群によいこと、物を運びやすいこと、わりと浅場なことの3点。
3時30ごろ釣り場に到着し、傘テントを張るための下地作りで周辺に石を
敷き詰める。その後テントを張り、ガスの簡易ストーブを持ち込み、釣り始めたのが
4時30ごろ。竿17尺で床を取ると2本半ちょっとあり、深すぎると思ったが
釣り場を変わるのがめんどうなのでそのまま餌打ち。
餌はマッシュ、食わせに新ベらグルテン底+いもグル(5:1程度 関東仕込み)。

5時ごろからアタリあり、ブルの入れ食い(10枚程度)。
6時ごろアタリがとまり、さあいよいよと力が入る。
フワフワと浮子にアタリが出だし、これからと言うときに
バックウォータに溜まっていた浮草の大軍が押し寄せてきて釣りにならず。
30分程度、近くにあった竹竿で格闘して7時ごろ再開。
再びフワフワとサワリ出し食いアタリがないと思った矢先、落ち込みで消し込んだので
反射的にあわす。グッと重量感のあるやつが乗ってきたが、ゆっくり横に走った後でバレた。
たぶんスレ。
その後しばらくアタリはなかったが7時45分ごろからまたサワリ。
しばらくして今度は確実に押え込みを取るとこれもまた重い。
ヤッタ!と思ったが、なかなか上がってこない。
ようやく上げたのは50cmのコイでがっくり。飯の都合もあり8時40分ごろ納竿。
気温1℃だが、風がなかったためテント内は比較的あたたかい。

思ったよりもアタリが多かった。途中で水草が流れてきたのと、深場に入ったのが敗因。
もじりは下手の岩場(深場)から出てきたところの浅場で2回、対岸で2回あり。
狙いとしては小さい橋の5〜10m下流から、18尺以上の長竿でたなの切れ目狙い
or 岩場から近くの浅場で11〜13尺程度の短竿か?。
地合は6時半〜8時の1時間半(二津野と同等)。

山田でも狙い場所によっては出そうな予感。

来年の冬もできれば挑戦します。
 

99・1・16,17 津久井湖
土、日の夕方に津久井湖に行ってきましたがボーズ。
土曜日は夕方5時から10時半までだが
夜9時30ごろから、ちらほら浮きが動きだし、
10時ぐらいにニゴイが釣れて終わり。
夜から水位の上昇があり、ヘラのモジリが近づくのがわかった。

日曜日は夕方5時30から9時半までだが
かすかなサワリがあるものの食いアタリ見ず。
途中消し込みで反射的に竿を合わしてしまった。下手〜!
ユタリユタリと寄って来て、手前でバレたが尺半以上の腹パンべら。
もちろんスレだが、巨べらの回遊が確認できただけでもラッキーか?
ただ魚の気配、モジリは多い。

土曜は私以外の釣り人は1人、日曜は私のみ。
土曜は14尺1本、日曜は17尺1本半。
モジリ等から8時以降、確実に浅場へ回遊している模様。
(日中は天気がよかったからかも)
夜10時ごろの気温は−1℃。サワリはあるものの
食いアタリを出すのが非常に難しい。
次は針へらスレ7号、ハリス1号で挑む予定。