99・11・13 高山ダム
久しぶりに順調に水位の上がっている高山に出向く。
水位が順調に上がっているわりには、上がりはじめの田山以外は良い情報を聞かない。
金曜の夜、会社が終わって高山ダム治田川に着いたのが夜の12時過ぎ、
不調を物語るようにナイターしている人は誰もいない。
3月の治田とはまるで様相が違う。
とりあえず様子見で竿を出してみる。15尺で3本のミオねらい。
すれアタリがたまにあるくらいで食いアタリがない。
時たま足元にヘラらしき魚がハタキにくるがあまり大きくなさそう。
途中ゆっくり入るアタリでつい手を出してしまい、重い魚が乗ったがすくう直前にバレる。
鯉か大型のヘラ?のスレ。
”確実なアタリで取る釣りを心がける”と思っていながら
まだまだ青いと反省しきり、本当に下手です(^^;;。
2時半ごろ疲れがどっと出て納竿とした。

朝起きると10時、ゆっくりと朝飯を食べてポイントを見ながらその辺を散策する。
この時期にしては結構アオコが多い。釣れないのはこのせいか。
夜中に見られたセリは見られない。草刈りをしている所は思ったより少なく、
来年の春はミオ筋狙いが多くなりそう。(人が多くなると、まっちゃんはあまり来ないが...)

昼前から釣場を作りにかかる。周辺の草をかって底をきれいにする。
今日は浅場にセリにきたヘラを狙う予定。竿8尺、1本ちょっとの床。
取りあえず釣れる形にして、釣台を少し高めにセットして昼御飯を食べにいく。
奥がミオ筋手前はなだらかなカケ上がり
その後、中流まで様子を見に行くがへら師はすくない
引き返えすと釣場を見に来ていた人がいるので話を聞いてみた。

その方はここ1ヶ月ボーズが続いているという。
ダムは違うが,自分も同じと思ったが言うのは止めた。
しかし良く知っている常連さんは40上をポツポツと上げているらしい。

その後、少し寝て、夕方4時前くらいからエサ打ち開始。
4時30頃サワリが出だしていい感じと思っていたら、
すぐ横でドボンと大きな水音、もう一つ、振り向くと子どもが石を投げている。
陰で釣っていたので、まっちゃんの姿が見えなかったようだ。
石を投げないように言ったが、後の祭り。
石に当たらなかっただけましか、と思いながら延々とアタリのない時間を過ごす。
今年の釣りを象徴してるように思えた。

その後ナイターになり7時ごろからアタリが出だしたが、サワリだけで食いアタリがない。
時おりスレアタリがでる。結構冷え込んできたので8時半ごろ食事を取り、
ホッカイロを足と背中に貼る。その時M氏がきて話を聞くと、友人が3本くらいの床で
41cmを上げたという。ちょっと浅すぎたかなと後悔。

9時過ぎから再び再開、相変わらずサワリが有るが食いアタリが出ない。
少し床が悪いせいかもしれない。もう少しちゃんと床掃除しとくべきだった。
夜10時を過ぎると魚がミオから浅場に上がってくるのがわかった。

昨夜と同じように時たま浅場でハタキ出す。浮子の近くを時々セッている魚が通る。
浮子の動きが頻繁になってきたと思った矢先、浮子が2cmほど上がって止まった。
食い上げにしては小さいかと思ったが合わすと乗った。
ゆたゆたと表面を泳いだのでヘラだとわかったが小さい。尺ちょっとの型だ。
高山のチャン
取りあえず完全ボーズは免れたがダム師にとってはボーズと大差ない。
12時をすぎると多少荒いのがセリはじめたが、大半は小型のセリだと思われる。
デカイのは未だ深場か?と思いながら1時半に納竿し帰路についた。