山田ダム釣行記(11/27〜28)
山田ダムは和歌山県の北部に位置する小さいダムである。
今年は何十年ぶりの大フィーバがあり多くの50上が上がった。
しかし、まっちゃんが関西に帰ると同時に超食い渋り状態となった。どうやら疫病神の様だ(;_;)
10月から4週連続ボーズに近い。
一度だけナイターで36.5cm、昼間に35cmが上がったのみ。
早朝、昼間、夕方、ナイター、深場、浅場、釣仲間で様々な釣りを試みたが
ヘラは全く口を使わない。これがダムの厳しさか。

その後、気分転換に高山ダムを攻めても2週連続不調、2週目などはアタリボーズ
再び,山田ダムを攻めたがまたまたボーズ。
しかし、他のメンバーによってこの頃からようやく深場でヘラが釣れだした。
そして今週、土曜日に待望の40上が浅場で上がりだした。
まっちゃんは、深場を攻めて、マブナとナマズ。(;_;)ハァー...

日曜日、迷った挙げ句、浅場を攻める。取りあえずヘラの顔が見たい!
夕方4時頃からエサ打ち、始めにバラケを打っておく。
その後食事をしていよいよ6時前から両グルでエサ打ち。

しばらくするとサワリがでる。ツンアタリで合わすと35cm級のマブナ。
いい感じだ。マブナが釣れるとヘラが釣れる可能性が高い。急に力が入る。
再びサワリが出はじめる。数回めのモミの後、ツンと入った。
合わせると少し重い。その後水面近くを泳ぎだしたのでヘラとわかる。
途中ボコボコッ!と音を立てて走り、竿がのされそうになる。
この時期にしては強い引きだ。
漸く寄って来た魚を救うと待望の40上、検寸すると43cmジャスト!
久々の40上、引きは強烈

その後、30cmのヘラを追加してブルーギルがあたり出した。
どうやらヘラは去ったようだ。

タヌキとの一騎打ち?
しばらくすると脇においてある玉網がごそごそ動き出した。
ふと見るとタヌキが網をくわえている。
魚をすくったため匂いが付いたのだ。
”こら! はなせ!”と大声で怒鳴ったが、タヌキは一向に玉網を離さない。
思った以上に手強い。
タヌキと玉網をはさんでにらみ合いが続いた。
こうなったら石でもぶつけるしかないと思い、
周りを捜したが適当な石が見当たらない。
仕方なく水をすくってタヌキにかけると漸く口をはなした。

タヌキとの争いで騒いだため、しばらくアタリがなかったが、
ようやくサワリが出だした。もう餌落ちかと思っていると
チクッと入ったような気がした。反射的に合わすとまたもや重い。
先ほどと同様ユタユタと泳ぎだしたのでヘラと確信。
これも大きそうだ。
寄せてきてライトで照らすと40以上はある。
玉網で救くって持ち上げると、ブチッと音がしてヘラが底から抜け落ちた。
一瞬何が起こったかわからなかったが、
玉網の底にぽっかりと大きい穴があいている。
タヌキの歯に網が傷つけられて魚の重みで破れたのだ。
しばし呆然。タヌキのせいで今年15枚目の40上は夢と消えた。

気を取り直し、3号のハリスで数箇所網を結び合わせて取りあえず
魚を掬えるようにする。この間20分。
すっかり疲れて、半分やる気を失ったが、
その後36.3cm、38.8cmを追加し、9時過ぎに納竿とした。
38cm級、肉厚がある

憎っくきタヌキだが、取りあえず40上一枚出たので良しとしよう!
これで来週からまた新しいポイント開拓に乗り出せる。