山田ダム釣行記(12/11)
BIGの12月親睦会は毎年山田ダムで行われる。
まっちゃんにとっては久々の親睦会である。
土曜日、昼過ぎから家を出て山田についたのは4時半ごろだったか。
もうすでにナイター組が4、5人集まってきていた。
会長をはじめ、数人に挨拶しながら、頭の中はどこに入ろうか考えている。

最近釣れてるポイントの周りはすでに何人か入っていた。
まっちゃんはゆっくりとアタリを楽しめたらと思い、一人静かに釣れるポイントを探した。
また、冬の釣りはただでさえ食い渋るので、人の気配が致命的になることがある。
みんなと喋りたいのはヤマヤマだが、たのしみは後の宴会に残しておこう。

周りのポイントを物色していると流れ込みのある小さなワンドに赤い鯉が見えた。
18尺を出せばエサが対岸に届きそうな細長いワンドだ。
取りあえず様子を見てみようと降りてみるとミオ筋の底に、
黒い魚(たぶん鯉)が動いてるのが見えた。
鯉が入っているならヘラも入ってくる可能性もある?と思いこのワンドで釣ることに決定。

竿12尺でタナ2本弱のミオ筋打ち。実は半分、浮子が良く見える短竿を振りたかった。
津久井湖のナイターが染み付いてしまったか?
釣れる確立は薄いが、万一、魚が入ってくれば確実に捉えられる。

夕方5時過ぎからエサ打ち、いつものようにバラケから打ちはじめる。
7時過ぎからようやく微かにサワリが出はじめる。
ただし後が続かない。そのうち消し込みアタリが出たが合わない。
もしかして、手長エビ、最悪カニか?

ちょっと前、ダムサイトのナイターで、なかなか乗らないと思っていると、
何か引っかかってきた。木の枝か?と思い
顔の前まできて、ライトで照らすと大きなカニが足をガサガサ動かしている。
ヒエー! あわててハリスを切って逃がした。
あの悪夢が頭をよぎる。頼むからカニだけはやめてくれ!

しばらくすると再びツンと消し込む。
ピシッと合わすとノソーと上がってきた。一瞬カニ?と思ったが、
ゆたゆた動くのでホッとする。しかしあまり引かずに寄ってきた。
ペンライトで照らすと大きな口が見えた。コイか?と思い
すくって見ると何とヘラ! それも大きい。
網に入れたまま、仲間のもとへ。
検寸してもらうと45.0cmジャスト!、今年初めての尺半(^^)。
宝クジが当たった?

まさに瓢箪からコマ、カニから尺半?
本人は釣れると思ってなかったので本当にびっくり。
会長に写真を取ってもらって直ぐに放流。
仲間が祝福してくれた。いい時に釣れたものだ。

再び釣場に戻ってエサ打ち再開、まだサワリがある。
そのうち浮子の前で、大型がモジった。まだヘラはいるようだ。
その直後のエサ打ちで上げてきた浮子がツンツンと消し込んだ。
ユタ〜と引いた後、沖目にボコボコッと水音がして浮いた。
今度も大きそう。網ですくうとさっきより重い。
腹パンのいい型だ。
再び検寸してもらうと44.0cmジャスト!

他のメンバーは全くアタリがないと言う。
まさに宝クジに当たったようなもの。
それにしてもこんなことがあるから
ダム釣りは止められない。

その後1枚乗ったが、途中でバレて万事休す。
この時期に2枚でれば上等だ。
9時半からの宴会は楽しい鍋になった。
44cm、山田にしてはまずまずの型